16.20 - 状態マトリクスの基本 - Teradata Workload Management

Teradata Vantage™ ワークロード管理 ユーザー ガイド

prodname
Teradata Vantage NewSQL Engine
Teradata Workload Management
vrm_release
16.20
category
ユーザー ガイド
管理
featnum
B035-1197-162K-JPN

TASMには、デフォルトの状態マトリクスが付属しています。多くの場合、環境に合わせてこれを拡張する必要があります。

状態マトリクスは、計画済みの環境とシステム ヘルスの状態の交差を表わします。これらの2つのカテゴリが交差する点が状態です。

2つの状態マトリクス カテゴリは次のとおりです。
  • ヘルス状態: システムのヘルスを示します。ノードがダウンしている場合、より厳しい制限のルールを使用できます。ヘルス状態はマトリクスの縦軸に表示されます。2つか3つの異なるヘルス条件を定義できます。これは "what" カテゴリです。
  • 計画済の環境: 夜間と日中、平日と週末、月末、または年末など、システムで対応することが予測されるさまざまな処理ウィンドウを示します。計画済の環境は状態マトリクスの横軸上に示されます。これは "when" カテゴリです。
TIWMには、計画済みの環境のみが含まれています。

状態マトリクスによって、さまざまな状況に異なるルールを適用することができます。複数の計画済の環境とヘルス状態のペアに、同じ状態を関連付けることができます。

最初に、Viewpointワークロード管理を使用してさまざまな状態を定義します。次に各状態をドラッグし、アクティブにする状態マトリクス内の格納場所にドロップします。同じ状態を何度も使用できます。次の図は、シンプルで効果的な状態マトリクスを示しています。



デフォルトの状態マトリクスは1x1です。常にと呼ばれる計画済の環境は、年間24時間x365日に対して定義され、標準と呼ばれるヘルス状態は絶えず有効です。この組み合わせには、ベースと呼ばれるデフォルトの状態があります。計画済の環境とヘルス状態が複数存在する場合、各固有のペアは固有の状態を持つことができます。各状態は固有のスロットル制限およびワークロード属性を持つことができます。有効な重大度の最も高いヘルス状態と優先順位の最も高い計画済の環境に基づいて、同時にアクティブな状態は1つのみです。

TASMが計画済の環境を評価してアクティブにする対象を確認する際は、右端の状態(優先順位の最も高い)から左に検索し、最初に条件に一致した計画済の環境で停止します。ヘルス状態の場合、検索は重大度レベルが最も高い下端から開始され、上に移動し、条件に一致する最初のヘルス状態で停止します。この方法を使用すると、複数のエンティティがアクティブにする候補である場合に、TASMは最も重要または最も重大なものを最初に選択します。