16.20 - AWTの使用率に関する考慮事項 - Teradata Workload Management

Teradata Vantage™ ワークロード管理 ユーザー ガイド

prodname
Teradata Vantage NewSQL Engine
Teradata Workload Management
vrm_release
16.20
category
ユーザー ガイド
管理
featnum
B035-1197-162K-JPN

使用のピーク時に一部のAMPでAWTが不足するのは正常です。多くの場合、この状態が続くのは1秒以下のみです。ただし、永続的にAWTが不足する場合、システム応答時間が低下します。

TASMがAWTの不足を検出した場合は、対応するCPUおよびI/O使用率の測定基準を分析します。ほとんどのTeradata Databaseシステムは、多くのAWTが利用できる場合でもCPU使用率が100%に達します。いくつかのサイトでは、使用しているAWTが40だけの場合にピーク スループットが発生しています。ほとんどの場合、ボトルネックはAWTではなく、CPUまたはI/Oリソースにあります。

ただし、継続的なAWT不足がシステムの過度にビジー状態を示すこともあります。応答時間はスループット性能や同時並行性レベルの関数であることに注意してください。リクエストが同じ優先順位でその他50のリクエストとシステム リソースを競合する場合、システムで単独実行するときのような早い応答は期待できません。AWTの不足はリクエストの同時並行性レベルの大まかな目安なので、これを利用してアプリケーションまたはユーザーが応答時間の遅延を把握できるように通知することができます。これにより、一部のユーザーはシステムが落ち着くまで次のリクエストの発行を延期するため、ユーザーの需要を減少できる場合があります。