16.20 - 状態マトリクスに関する考慮事項 - Teradata Workload Management

Teradata Vantage™ ワークロード管理 ユーザー ガイド

prodname
Teradata Vantage NewSQL Engine
Teradata Workload Management
vrm_release
16.20
category
ユーザー ガイド
管理
featnum
B035-1197-162K-JPN

多くの場合は、数個の状態で十分です。単純なマトリクスは、セットアップ、モニター、および調整が簡単です。状態マトリクスのサイズと固有の状態の数を最小限に維持してください。

TASMの使用を開始する場合など、追加の状態が必要ない場合は、デフォルトのベース状態を使用することをお勧めします。TASMで状態を変更することは容易ですが、考慮すべき状態が少ないほど、ワークロード管理も簡単になります。次のガイドラインに従って、状態を適切に管理してください。
  • 必要に応じて状態を追加しますが、その数を最小限に抑えます。計画済みの環境に関連する状態の遷移を1日あたり2つか3つまでに維持することをお勧めします。
  • システム ヘルスが低下する可能性があると考えられる状況ごとに固有のヘルス状態および関連する状態を作成しないでください。代わりに、考えられるすべてのシステムの性能低下シナリオを表わす1つか2つの新しいシステム状態を作成することを検討してください。