16.20 - 午前0時をまたぐオプション - Teradata Workload Management

Teradata Vantage™ ワークロード管理 ユーザー ガイド

prodname
Teradata Vantage NewSQL Engine
Teradata Workload Management
vrm_release
16.20
category
ユーザー ガイド
管理
featnum
B035-1197-162K-JPN

期間イベントを作成する場合、午前0時をまたぐ時間範囲を定義するには午前0時をまたぐオプションを使用します。このオプションを使用すると、期間は選択した曜日に開始し、その翌日に終了します。このオプションを使用しない場合、期間は選択した曜日でのみアクティブになります。選択した曜日によっては、期間が午前0時に開始または終了することもあります。

例えば、次のテーブルでは、月曜日と火曜日の午後5時から午前8時に給与更新が行なわれる時間外のバッチ ウィンドウを指定する必要があります。次のテーブルでは午前0時をまたぐオプションは選択されていません。午前0時をまたぐを使用しないことによる意図しない結果を、斜体で示します。

時間セグメント 月曜日 火曜日 水曜日
午前0時 — 午前8時 アクティブ アクティブ 非アクティブ
午前8時 — 午後5時 非アクティブ 非アクティブ 非アクティブ
午後5時 — 午後11:59 アクティブ アクティブ 非アクティブ

次のテーブルでは午前0時をまたぐオプションが選択され、給与更新の時間外のバッチ ウィンドウは想定どおり月曜日と火曜日の午後5時から午前8時に発生します。

時間セグメント 月曜日 火曜日 水曜日
午前0時 — 午前8時 非アクティブ アクティブ アクティブ
午前8時 — 午後5時 非アクティブ 非アクティブ 非アクティブ
午後5時 — 午後11:59 アクティブ アクティブ 非アクティブ