16.20 - スキューの検出方法 - Teradata Workload Management

Teradata Vantage™ ワークロード管理 ユーザー ガイド

prodname
Teradata Vantage NewSQL Engine
Teradata Workload Management
vrm_release
16.20
category
ユーザー ガイド
管理
featnum
B035-1197-162K-JPN

一般に、TASMでは、スキュー割合の測定基準だけを使用してスキューが正常に検出されます。ただし、状況によっては、スキューの誤検出が発生することがあります。マルチ ステップ リクエストでは、1つのステップが、スキューは大きいが、短く、リクエストに関する全体的な問題を表わすものではない場合があります。リクエスト内の一時スキューは永続スキューとは解釈されず一時スキューは無視されるスキュー検出では、これは重要となります。

ヒント: スキュー例外で制限時間を低すぎる値に設定しないでください。スキュー状態は、リクエストに関する問題と見なされるだけの時間持続する必要があります。