16.20 - アクティブ リクエスト - Teradata Workload Management

Teradata Vantage™ ワークロード管理 ユーザー ガイド

prodname
Teradata Vantage NewSQL Engine
Teradata Workload Management
vrm_release
16.20
category
ユーザー ガイド
管理
featnum
B035-1197-162K-JPN

アクティブ リクエストイベントを使用して、ワークロードで実行しているリクエストの数をモニターできます。アクティブ リクエストには遅延キューに留まっているリクエストは含まれません。

アクティブなリクエストの数が高い状態で継続する場合は、管理されていない到着率の急増や小康状態など、通常とは異なる状況を示しています。アクティブなリクエストの数が多すぎると、次の問題が生じる可能性があります。
  • AWT、メモリ、物理スプールなどの重要な共有リソースの枯渇
  • フロー制御や輻輳管理の状態になる可能性

アクティブ リクエストイベントを効果的に使用する方法の1つは、ペナルティ ボックス ワークロードで実行している過剰な数のリクエストを検出することです。通常、リクエストがペナルティ ボックス ワークロードに入るのは、実行時間が長くかかりすぎて例外がトリガーされるためです。すでに実行しているリクエストはスロットルできないため、スロットルを使用してペナルティ ボックス ワークロード内のリクエストを制御することはできません。ペナルティ ボックス ワークロード内のリクエストが重要な共有リソースをホールドしている場合、ペナルティ ボックスに与えられる優先順位は低いことから、そのリクエストはおそらく、これらのリソースを長時間ホールドすることになります。このことにより、ペナルティ ボックスにアクティブなリクエストが多くある場合、優先順位の高い作業が影響を受ける可能性が高くなります。3または4つ以上のリクエストがペナルティ ボックス ワークロード内で実行している場合、アクティブ リクエストイベントのアクションによって、手動でいくつかのリクエストをアボートするようにDBAに通知することができます。