16.20 - CPU使用率 - Teradata Workload Management

Teradata Vantage™ ワークロード管理 ユーザー ガイド

prodname
Teradata Vantage NewSQL Engine
Teradata Workload Management
vrm_release
16.20
category
ユーザー ガイド
管理
featnum
B035-1197-162K-JPN

システム イベントCPU使用率は、TASM/TIWMイベント間隔におけるビジー状態のCPUパーセントの、システム全体のノード平均に基づいています。CPU使用率は、システムがそれ以上の作業を実行できるかどうかや、ピーク容量に達したかどうかを示します。

TASMは、選定期間中にシステムが著しくアイドル状態またはビジー状態である場合に動作するCPU使用率イベントを使用します。次の例を参照してください。
  • システムCPU > 95%を15分間維持した場合: ヘルス状態を黄色に設定し、優先順位の低いワークロードのスロットル制限を軽減します。
  • CPU < 50%を20分間維持した場合(システムCPU使用率が低い): DBC.SystemQTblにキュー テーブルに記録:通知を送信し、バックグラウンド タイプの作業を実行するようアプリケーションに指示します。

一時的利用と永続的利用とを区別する平均制限を使用することを推奨します。平均化することにより、1週間の間、典型的なCPU使用率パターンの山と谷が滑らかになります。