16.20 - スロットルの基本 - Teradata Workload Management

Teradata Vantage™ ワークロード管理 ユーザー ガイド

prodname
Teradata Vantage NewSQL Engine
Teradata Workload Management
vrm_release
16.20
category
ユーザー ガイド
管理
featnum
B035-1197-162K-JPN

TASMは、処理の負荷が大きいシステムでリソースの需要が可用性を超えたときに、選択を行なう必要があります。スロットルは、同時に実行可能なリクエスト、セッション、またはロード ユーティリティの数を制限するTASMルールです。スロットルは、リソースの競合を減らすことによってすべてのリクエストのパフォーマンスを向上させます。スロットルのしきい値を超えた場合、TASMは作業を拒否するか、システムの処理の負荷が少なくなるまで遅らせます。スロットルはすでに実行されている作業には影響しません。

次のターゲットにスロットルを適用できます。
  • システム全体
  • 特定のワークロードまたはワークロードのグループ
  • 仮想パーティション
  • ユーティリティ ジョブ

システム スロットルはワークロード スロットルなしで有効化できます(逆も同様)。TASMではシステム スロットルとワークロード スロットルを一緒に使用することもできます。1つのリクエストをシステム スロットルとワークロード スロットルの両方で制御することができます

主にワークロード スロットルを使用し、優先順位の低い大量のリクエストが同時に実行され、優先順位の高いリクエストにリソースが残らないといった状況を回避します。