16.20 - ワークロード アクティビティ ロギングとDBQLロギングの比較 - Teradata Workload Management

Teradata Vantage™ ワークロード管理 ユーザー ガイド

prodname
Teradata Vantage NewSQL Engine
Teradata Workload Management
vrm_release
16.20
category
ユーザー ガイド
管理
featnum
B035-1197-162K-JPN
TASMワークロード アクティビティ ロギングは自動的に行なわれ、DBQLリクエストのロギングの補足として有用です。各ロギング間隔で、TASMは各ワークロードについて要約した詳細をTDWMSummaryLogテーブルに書き込みます。TASMはメモリで同じサマリー データを収集し、ワークロード モニターポートレットで使用します。このデータには次の種類が含まれます。
  • 到着率
  • 応答時間
  • CPU時間
  • リクエストは、アクティブ、完了、エラーにより失敗、拒否、遅延(およびそのスロットルのレベル)、発生した例外、ワークロードへの(からの)リクエストの移動、およびSLG達成のカテゴリをカウントします。

DBAは、Viewpointワークロード モニター ポートレットを使用したり、独自のカスタム レポートを開発したりして、TDWMSummaryLogやさまざまなDBQLテーブル内のワークロードに関する履歴データを表示することができます。

使用するDBQLロギング オプションに関係なく、TASMが例外を検出すると、例外ログとDBQLogTblの両方にその情報が記録されます。この方法により、DBAはその情報をフォロー アップできます。