16.20 - 例: ワークロード グループ スロットルでは容量の共有が可能である - Teradata Workload Management

Teradata Vantage™ ワークロード管理 ユーザー ガイド

prodname
Teradata Vantage NewSQL Engine
Teradata Workload Management
vrm_release
16.20
category
ユーザー ガイド
管理
featnum
B035-1197-162K-JPN

ワークロードで実行しているリクエスト数がワークロード スロットルで許可される数よりも少ない場合、ワークロードは十分に使用されていません。個別のワークロード スロットルを使用している場合、その他のワークロードはこの未使用の容量を活用できません。ただし、ワークロード グループ スロットルでは、十分に使用されていないワークロードとビジー状態のワークロードで同じアプリケーションを実行し、容量を共有できます。この状況では、TASMはワークロード間でリクエストを分割し、各ワークロードにワークロード スロットルを設定します。次の例は、十分に使用されていないワークロードの影響について、スロットル タイプ別に説明します。

ワークロード スロットルでの容量の共有なし

個別のワークロード スロットルでは、1つのワークロードが十分に使用されていない場合、他のワークロードはその未使用の容量を活用できません。これは、両方のワークロードが同じアプリケーションを実行する場合でも同じです。この例では、1つのアプリケーションから発生するすべてのリクエストが異なる2つのワークロードのいずれかに分類されます。両方のワークロードにスロットルがあります。どちらかのワークロードが実行可能なリクエストをすべて実行していない場合、アプリケーション全体はその容量上限に達しません。
ワークロード スロットル制限でのリクエスト数 3個の中期リクエストのみがアクティブである場合のリクエスト数
中期 6 3
長期 3 3
組み合わせ 9 6

ワークロード グループ スロットルでの容量の共有

グループ スロットルでは、スロットルされたワークロードの組み合わせを、上位レベルの単一のスロットルでグループとして処理できます。この例では、アプリケーションにグループ スロットル制限として9のリクエスト数が適用されています。2つのワークロード間で容量を共有できるように、各ワークロードには意図したレベルよりもわずかに大きいスロットル制限を適用します。例えば、中程度のワークロードのリクエスト数に、6ではなく8の制限を適用します。1つのワークロードがビジー状態でない場合、他のワークロードはグループ スロットル制限またはワークロード スロットル制限の上限まで、より多くのリクエストを開始できます。
ワークロード スロットル制限でのリクエスト数 3個の中期リクエストのみがアクティブである場合のリクエスト数
中期 8 3
長期 6 6
アプリケーション ワークロード グループ スロットル 9 9
組み合わせ 9 9