16.20 - トランザクション中のスロットル遅延を防止 - Teradata Workload Management

Teradata Vantage™ ワークロード管理 ユーザー ガイド

prodname
Teradata Vantage NewSQL Engine
Teradata Workload Management
vrm_release
16.20
category
ユーザー ガイド
管理
featnum
B035-1197-162K-JPN

一般ビューのその他タブにある「アクセス」よりも高いロックを保持しているトランザクション内のクエリーを遅延しないオプションは、リクエストがアクセス レベルよりも高いロックを保持するトランザクションの一部である場合にスロットル制限をオーバーライドします。ブロッカーオプションと同様に、このオプションは、アクティブなリクエストに必要なロックを遅延キュー内のリクエストが保持することを防ぎます。

このオプションは、すべてのリクエスト スロットルに適用されます。このオプションでは、スロットルから特定のリクエストが除外されるため、同時リクエストの数がスロットル制限を超えることになる可能性があります。このオプションを使用するとサイトにどのように影響するかを評価してください。TDWM Statistics APIは、このオプションのみによって実行されているアクティブなリクエストの数を返します。また、次のDBQLogTbl列は、スロットル制限に対するこの機能の影響を評価するのに役立ちます。

DBQLogTblフィールド 説明
LockLevel リクエストが実行されたときに取得された最高レベルのロック。このロックは、トランザクションの前のリクエストからのものです。
ThrottleBypassed このリクエストがトランザクション中のスロットル遅延を防止オプションのみによって実行されたことを示します。リクエストの実行がスロットル制限をオーバーライドしなかった場合、このフラグは設定されません。
TnxUniq このリクエストが実行されたトランザクションを固有に識別するuseridおよびprocidと組み合わせて使用されます。