16.20 - 全般パラメータに関する主要な推奨事項 - Teradata Workload Management

Teradata Vantage™ ワークロード管理 ユーザー ガイド

prodname
Teradata Vantage NewSQL Engine
Teradata Workload Management
vrm_release
16.20
category
ユーザー ガイド
管理
featnum
B035-1197-162K-JPN
初期実装では、バイパス制限/予約その他の各タブでデフォルトを使用することをお勧めします。また、Teradataでは、全般パラメータ領域に関する以下の推奨事項も提供しています。
設定 推奨事項
ブロッカー
  • ブロック アクションでは、リリースを試してみます。これにより、リクエストの実行の中断を最小限に抑えながら、同時並行性の管理が可能になります。必要に応じて、後で別の設定を試すこともできます。
  • ブロック周期では、1を使用します。
  • LOCKING FOR ACCESS修飾子を指定してビューを作成します。これにより、読み取り専用ユーザーおよびデータを変更するユーザーの同時アクセスが可能になります。アクセス ロックを使用すると、デッドロックが防止され、パフォーマンスが向上します。
バイパス BAR作業および重要なDBAアクティビティについては、バイパスを設定することが一般的な方法です。BAR作業のバイパスはユーティリティ セッション制限をバイパスしません。
間隔
  • 理由がない限り、デフォルトの間隔の設定値を使用することを推奨します。
  • 500 AMPを超えるシステムでは、イベント間隔を30秒以上に設定します。
  • 例外間隔をMONITOR SESSION頻度以下に設定します。例外間隔は6秒未満には設定しないでください。
ユーザーDBCおよびTDWMは、デフォルトでバイパス リストに含まれています。これらのユーザーにはシステム フィルタとスロットルは適用されません。ワークロード管理の目標に合致しない方法で他のユーザーがシステム フィルタとスロットルの影響を受ける場合は、それらのユーザー、アカウント名/文字列、またはプロファイルが影響を受けないようにシステム フィルタとスロットルの分類基準を調整します。ユーザーに関する例外を作成するためにバイパス リストを使用しないでください。必要なシステム フィルタとスロットルが適用されない状況が発生する可能性があります。