16.20 - コンソール ユーティリティのマッピング - Teradata Workload Management

Teradata Vantage™ ワークロード管理 ユーザー ガイド

prodname
Teradata Vantage NewSQL Engine
Teradata Workload Management
vrm_release
16.20
category
ユーザー ガイド
管理
featnum
B035-1197-162K-JPN
ScanDiskやCheckTableなどのコンソール ユーティリティは、ログオンしたり、SQLリクエストのように動作したりしません。例えば、CheckTableではログオンしないため、CheckTableジョブにはユーザーは関連付けられません。こうした違いがあるため、TASMはコンソール ユーティリティを自動的にワークロードに割り当てません。Viewpointワークロード管理ワークロードビューにあるコンソール ユーティリティタブでは、コンソール ユーティリティを適切なワークロードに割り当てることができます。
コンソール ユーティリティをワークロードへマッピング
各コンソール ユーティリティを列挙し、適用するワークロードを指定できます。デフォルトで、コンソール ユーティリティはそのワークロードで実行されます。
パフォーマンス グループをワークロードへマッピング
各レガシー パフォーマンス グループ(H、L、M、およびR)を列挙し、適用するワークロード名を選択できます。Priority文を使用してパフォーマンス グループで実行するユーティリティを設定すると、コンソール ユーティリティはこのワークロードで実行されます。例: Priority = H
これらの設定は、コンソール ユーティリティに関して次の優先順位が付けられます。
  • 優先順位が指定されると、ユーティリティはパフォーマンス グループをワークロードへマッピングでその優先順位に指定されたワークロード下で実行されます。
  • 優先順位が指定されていない場合、ユーティリティはコンソール ユーティリティをワークロードへマッピングで指定されたワークロード下で実行されます。
  • ワークロードが指定されていない場合、ユーティリティはWD-Defaultワークロード下で実行されます。

ほとんどの状況において、コンソール ユーティリティはタイムシェアが低いか、中程度のタイムシェアの作業と見なされます。ただし、クエリー セッション コンソール ユーティリティは対話形式であるため、中程度または高い優先順位が与えられます。システムのリソースが限られている場合、DBAはクエリー セッションを使用してアクティブなセッションを確認することがよくあるため、優先順位を上げると効果的な可能性があります。