16.20 - ワークロードの優先順位 - Teradata Workload Management

Teradata Vantage™ ワークロード管理 ユーザー ガイド

prodname
Teradata Vantage NewSQL Engine
Teradata Workload Management
vrm_release
16.20
category
ユーザー ガイド
管理
featnum
B035-1197-162K-JPN

TASMは、SLG層の割り当てパーセントまたはタイムシェアのアクセス レベルとともにワークロード管理メソッドに基づいてワークロードに優先順位を付けます。TASMはワークロードの優先順位を使用してセッション ワークロードを割り当て、必要に応じて、遅延キュー内のリクエストに順位を付けます。次の表のワークロード管理メソッドと層またはアクセス レベルは優先順位の降順で表示されます。

ワークロードの方法 層またはアクセス レベル
戦術的  
SLG層 1
2
3
4
5
タイムシェア 最上位
デフォルトで、TDWMは遅延キュー内のリクエストを遅延時間別で並べ替えます。ワークロードの優先順位別スロットル遅延キューの順序オプションの別の選択肢です。このオプションは、その他タブで、Viewpointワークロード管理一般領域に表示されます。