16.20 - ワークロードに関する主な推奨事項 - Teradata Workload Management

Teradata Vantage™ ワークロード管理 ユーザー ガイド

prodname
Teradata Vantage NewSQL Engine
Teradata Workload Management
vrm_release
16.20
category
ユーザー ガイド
管理
featnum
B035-1197-162K-JPN
ワークロードを作成するときの目標は、効率的にシステム作業を管理して、ワークロード管理を最小限に抑えることです。このバランスを達成するために、次のガイドラインを使用します。
  • 明確な必要性がある場合にのみワークロードを作成します(ほとんどのサイトでは5~20個のワークロードで十分です)。
  • 影響が明確になるように、可能な限りワークロード分類を簡潔にします。
  • 最初にワークロードをリクエスト元またはクエリー バンドで分類します。これらの基準は最も正確で予測可能なためです。多くの顧客は、環境とロールに従って作業を分類するリクエスト元オプションプロファイルを使用します。
  • リクエスト元とクエリー バンドとの差別化をさらに図るために、ターゲット基準、リクエスト特性、およびユーティリティ基準を主にセカンダリ分類基準として使用します。