16.20 - ユーティリティ スロットル - Teradata Workload Management

Teradata Vantage™ ワークロード管理 ユーザー ガイド

prodname
Teradata Vantage NewSQL Engine
Teradata Workload Management
vrm_release
16.20
category
ユーザー ガイド
管理
featnum
B035-1197-162K-JPN
ユーティリティ スロットルは、同時に実行できるユーティリティの数を制限します。DBAは、2つのレベルでユーティリティの並列性をスロットルすることができます。
スロットルの種類 ユーティリティの同時並行性の上限 Viewpointタブ
ユーティリティ制限 システム レベル セッション
ワークロード ワークロード レベル ワークロード
ユーティリティ スロットルには、次の値が含まれます。
  • ユーティリティ名
  • 同時並行性の上限
  • 遅延/拒否オプション

ワークロード スロットルには、リクエスト元ターゲットクエリー バンドなどのさらなる制限基準があります。

TASMでは、非準拠ユーティリティの遅延オプションはサポートされません。TASMでは、スロットルで遅延が指定されている場合でも、スロットル制限を超える非準拠ユーティリティは常に拒否されます。

次の理由で、ユーティリティ スロットルを作成する必要がある場合があります。
  • システム リソースの使用(CPU、I/O、AMPワーカー タスク、メモリなど)を制限する
  • システムが非常にビジー状態である場合など、異なるシステム状態で実行可能なユーティリティの数を制限する