16.20 - アボート例外アクション タイプ - Teradata Workload Management

Teradata Vantage™ ワークロード管理 ユーザー ガイド

prodname
Teradata Vantage NewSQL Engine
Teradata Workload Management
vrm_release
16.20
category
ユーザー ガイド
管理
featnum
B035-1197-162K-JPN
アボートについては、その例外アクションの使用を決定する前に考えられる影響を検討してください。次の例は、アボートによって問題が発生する可能性がある理由を示しています。
リクエストの説明 アボートの影響
30分間実行されていて、残りが5分しかないテーブル全体の更新。 ロールバックは、元に戻すために、リクエストを完了するよりも数倍長くかかることになります。代わりに、選択でアボートオプションを検討してください。
1つのリクエストの結果が次のリクエストに送信される複数文のリクエストの一部。 リクエストのいずれかをアボートすると、不正確な結果になる可能性があります。
スキューのため例外と見なされます。 スキューの誤検出により、誤ったリクエストはアボートされる可能性があります。

例外で指定されているリクエストのタイプをワークロードが受け付けないとわかっている場合でも、注意してください。TASMによって業務上重要なリクエストがアボートされる可能性があります。