アラート、イベント、およびシステム問題 | Teradata Server Management - 14.01 - アラート、イベント、およびシステム問題 - Server Management

Teradata® Server Management 製品ガイド

prodname
Server Management
vrm_release
14.01
category
ユーザー ガイド
構成
featnum
B035-6112-109K-JPN

CMICは、管理する集合内のコンポーネントのイベントを収集し、それらを他のCMICと統合して関連付け、Server Managementドメイン内のシステムとコンポーネントへの影響をまとめたビューを表示します。

タイプ 説明
アラート アラートは、イベント シグネチャに基づいて、重大な問題の状況を示すことが認識されている収集済みイベントから生成されます。アラートの重大度は、システムやサブシステムに対する問題の影響レベルを示します。
アラートは次のようなソフトウェアとハードウェアの両方に対して生成されますが、これらに限定されません。
  • Teradata Database
  • Kubernetesクラスタ
  • BYNET
  • ディスクアレイ
  • ノード オペレーティング システム
  • プラットフォーム ハードウェア

Java Client アラート ビューアのデフォルト設定に、アラート サマリーが含まれるようになりました。

イベント 介入が必要な状態の変化。イベントは、オペレーティング システムのログ、その他のデバイス固有のインターフェース、およびCMIC自体から収集されます。

システム運用に影響するイベントはアラートを生成します。

システム問題 アラート サマリーは、既知のシステムの問題が発生している間に同時に発生する一連のアラートに基づいて生成されます。問題の状況を解決するための推奨アクションが提供されます。問題の状況が解決したことが認識されると、状態に基づいてシステムの問題をクローズ(クリアまたは削除)できます。

データ バンドルは問題を診断するために使用されます。ソフトウェア サブシステムは、障害状態を検出するとデータ バンドルを生成します。既知の障害状態の間に報告されたデータ バンドルは、使用可能になるとすぐTVIバックエンドに自動的にエスカレートされ、生成されたインシデントへの添付ファイルとして使用可能になります。