ServiceConnectポリシー サーバーの構成 |Teradata Server Management - 14.01 - ポリシー サーバーの構成 - Server Management

Teradata® Server Management 製品ガイド

prodname
Server Management
vrm_release
14.01
category
ユーザー ガイド
構成
featnum
B035-6112-109K-JPN
"" 管理者
これは、CMICでServiceConnectが構成されている場合にのみ適用されます。

オプションのポリシー サーバー ソフトウェア コンポーネントは、Teradataカスタマー サービスから取得して、顧客の環境にインストールできます。これにより、顧客はServiceConnectを介してシステムにリモート アクセスできるユーザーを制御し、どのデータをいつTeradataバックエンドにフローできるかを制御できます。ポリシー サーバーは、顧客ゲートウェイでアクティビティの監査ログを提供することもできます。Server Managementのポリシー サーバー構成により、CMICのゲートウェイが顧客の必要なときにポリシー サーバーに接続するように設定します。

次のようにポリシー サーバーへのアクセス制御を設定します。

  1. Web Clientで、"" > 設定 > ポリシーサーバーを選択します。
  2. 有効化を選択してポリシー サーバーを有効にし、次のように設定します。
    設定 説明
    ホスト プロキシ サーバーのホストIPアドレスまたはホスト名
    ポート 8009
  3. ネットワーク接続をセキュリティで保護するには、SSLを使用を選択します。
    1. 暗号スイート名またはALLを入力します。
    2. ホストの検証が必要な場合は、ホストを検証を選択します。
  4. ゲートウェイがプロキシ サーバーを経由してポリシー サーバーにアクセスする必要がある場合は、HTTPまたはSOCKSプロキシを次のように構成します。
    1. HTTPプロキシを設定するには、有効化を選択して、次のように設定します。
      設定 説明
      ホスト プロキシ サーバーのホストIPアドレスまたはホスト名
      ポート HTTPプロキシ構成と一致するように設定します。
  5. HTTPプロキシ資格情報が必要な場合、認証資格を使用を選択し、UsernamePasswordを入力します。
  6. HTTPプロキシ資格情報が必要な場合、Usernameを選択し、Passwordを入力します。
  7. ホストの検証が必要な場合は、ホストを検証を選択します。
  8. SOCKSプロキシを設定するには、有効化を選択して、以下を設定します。
    設定 説明
    ホスト プロキシ サーバーのホストIPアドレスまたはホスト名
    ポート SOCKSプロキシ構成と一致するように設定します。
  9. SOCKSプロキシ資格情報が必要な場合、認証資格を使用を選択し、UsernamePasswordを入力します。
  10. ホストの検証が必要な場合は、ホストを検証を選択します。
  11. 適用をクリックします。