Java Clientのツリー ビュー | Teradata Server Management - 14.01 - Java Clientのツリー ビュー - Server Management

Teradata® Server Management 製品ガイド

prodname
Server Management
vrm_release
14.01
category
ユーザー ガイド
構成
featnum
B035-6112-109K-JPN

Java Clientを開始すると、システム構成に基づいてシステム コンポーネントが階層ディレクトリ構造で表示されるツリー ビューが作成されます。このツリー ビューは、システム レベルで始まり、下位のサブコンポーネント レベルに分岐します。

シャシーまたは下位のサブコンポーネント レベルからの稼働状態は、ツリー ビューの上位の組織レベルにロールアップされ、上位のコンテナには、内部で最も重大なコンポーネントの状態が表示されます。

ツリー ビュー

ツリー ビューを展開すると、その同じアイコンが、適用可能な子コンポーネントの隣に表示されます。

展開されたツリー ビュー

ツリー ビュー内でのシステムの選択
SMWebは、1つのServer Managementドメインで複数のシステムをサポートします。すべてのシステムに固有のシステム名が必要です。ツリー ビューの上部にあるシステムリストを使用して、ツリー ビューに表示するシステムを指定できます。すべてを選択すると、Server Managementドメイン内のすべてのコンポーネントが表示されます。
Java Clientでは、システムリストに、プラグインが構成されているシステムのみが表示されます。Web Clientでは、そのシステムでプラグインが使用可能かどうかにかかわらず、すべてのシステム名が表示されます。
通常のシャシー ステータスを隠す
ツリー ビューで、通常のシャシー ステータスを隠すをチェックして、システム内のすべてのシャシーの状態が正常であることを確認します。
ツリー ビューの更新および再スキャン
ツリー ビューは自動的に更新されます。まれなケースですが、ツリー ビューにコンポーネントの最新のリストや稼働状態が反映されない場合があります。そのような場合には、システムを更新または再スキャンすることができます。

表示 > リフレッシュコマンドを使用すると、選択したコンポーネントのツリー ビューが更新されます。更新後にツリー ビューが正しく表示されない場合は、ツール > 再スキャンを選択して、コンポーネント ディスカバリを再実行し、表示を更新します。