StorageSize

Teradata® Database JSONデータ型

brand
Software
prodname
Teradata Database
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1150-162K-JPN

目的

StorageSize メソッドは、指定されたストレージ形式で入力の JSON データの格納に必要なバイト数を返します。

構文



構文要素

JSON_expr
JSONデータ型と評価される式。
JSONデータは、サポートされているストレージ形式で格納できます。
storage_format
次のいずれかの文字列、またはこれらの文字列値のいずれかに評価される式。
  • 'LATIN_TEXT'
  • 'UNICODE_TEXT'
  • 'BSON'
  • 'UBJSON'
これらの文字列値は大文字小文字を区別しません。
ストレージ形式を指定しない場合、メソッドによって使用されるデフォルトの形式、入力の JSON データのストレージ形式です。

戻り値

storage_format引数に指定した形式でJSON入力データを格納するために必要なバイト数を表わすINTEGER値。

ストレージ形式が変わることもあるので、このメソッドによって返される値は今後変わる場合があります。

JSON_expr引数がNULLの場合は、Teradata NULLが返されます。

使用上の注意

このメソッドは、指定したデータ セットに特定のストレージ形式を使用した場合の利点を判断する際に非常に有用です。このメソッドを呼び出すためにテーブルにJSONデータを格納する必要はないので、このメソッドを使用して、テーブルに特定のデータセットをロードする前に最適なストレージ形式を決定できます。