権限 - Teradata Database - 16.20

Teradata® Database JSONデータ型

prodname
Teradata Database
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1150-162K-JPN
JSON_SHRED_BATCHはSYSLIBデータベースに存在します。JSON_SHRED_BATCHプロシージャを実行するユーザーには次の権限が必要です。
  • SYSLIBの手順の実行
  • ソース テーブルに対するSELECT権限
  • ターゲット テーブル上のGRANT ALL(挿入/更新/削除/アップサート)

プロシージャを実行するデータベースにはSYSUDTLIB、SYSLIBに対するすべての権限が必要になり、ターゲット テーブルが存在するデータベースにはSYSLIBに対するEXECUTE PROCEDURE権限が必要になります。

SYSLIBには、プロシージャを実行するデータベースのすべての権限が必要です。

例えば、プロシージャを実行しターゲット テーブルが存在するデータベースがJSONShredと呼ばれる場合は、次の文が必要な権限を割り当てます。

GRANT ALL ON SYSUDTLIB TO JSONShred;
GRANT ALL ON SYSLIB TO JSONShred;
GRANT EXECUTE PROCEDURE ON SYSLIB TO JSONShred;
GRANT ALL ON JSONShred TO JSONShred;
GRANT ALL ON JSONShred TO SYSLIB;
上記から次の3つの権限が必須になります。
  • GRANT ALL ON SYSLIB TO JSONShred;
  • GRANT EXECUTE PROCEDURE ON SYSLIB TO JSONShred;
  • GRANT ALL ON JSONShred TO JSONShred;
ログイン ユーザーがjsonshredでターゲット テーブルがtargetDBの場合、次の権限が必要になります。
GRANT EXECUTE PROCEDURE ON SYSLIB TO jsonshred;
GRANT ALL ON targetDB TO jsonshred;
ソース テーブルsourceDBがtargetDBと異なる場合、次の権限も必要になります。
GRANT SELECT ON sourceDB TO jsonshred;