メタデータ - Teradata Database - 16.20

Teradata® Database JSONデータ型

prodname
Teradata Database
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1150-162K-JPN
以下にメタデータ変数について説明します。
すべてのリテラルを小文字にする必要があります。
"metadata" :
必須のリテラル入力。
小文字でなければなりません。
"operation" :
必須のリテラル入力。
"insert" | "update" | "merge" | "delete"
実行する操作。
MERGE操作では、ターゲット テーブルにプライマリ インデックスが作成されていて、プライマリ インデックスはメタデータのキーのメンバーになっている必要があります。
"keys":
キーの使用はオプションです。使用する場合、"keys":は必須のリテラル項目です。
keys句に指定されるすべての名前を列の割り当て句に含める必要があります。
キーは、行式と列式で作成された一時テーブルとターゲット テーブルとの間の結合を実行するために使用されます。パフォーマンスに大きな影響が及ぶため、この処理は慎重に行なってください。MERGE操作では、ターゲット テーブルにプライマリ インデックスが作成されていて、プライマリ インデックスは指定されたキーのメンバーである必要があります。
"table_column_name"
table_nameによって参照されるテーブル内の列の名前。JSON_SHRED_BATCHを呼び出すユーザーには、この既存のテーブルにおける必須の権限(INSERT、UPDATEなど)が必要です。table_nameは、JSON_SHRED_BATCHのテーブル式で指定されます。
"filter":
フィルタリングはオプションです。使用する場合、"filter":は必須のリテラル項目です。
filter_expression
列またはクエリー式の要素を参照するSQL文。
フィルタ文の例: "filter" : "empId<5000"