JSON型の制約 - Teradata Database - 16.20

Teradata® Database JSONデータ型

prodname
Teradata Database
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1150-162K-JPN
  • 以下の状況ではJSON型を指定できません。
    • DISTINCT型UDTの基本型として
    • ARRAY型の要素タイプとして
  • JSON型のメソッドを作成することはできません。そのため、CREATE/REPLACE METHODのFOR句にJSON型名を指定することはできません。
  • JSON型列はインデックスの一部としては指定できませんが、場合によっては非LOBのJSON型が結合インデックスの一部となることがあります。
  • JSON型列を、ORDER BY、GROUP BY、HAVINGなど、順序付けや比較に依存する句の中で使用することはできません。
  • JSONインスタンスのエンティティは更新できません。このため、SET句のターゲット部分でJSONエンティティ参照は使用できません。
  • JSON値の外部表現は文字列型ですが、JSON値に対して直接文字列操作を実行することは許されていません。JSONをシリアル化したりキャストしたりして、その文字列表現を生成すれば、それに対して文字列操作を適用することは可能です。
  • 抽出されたJSON値は算術式に使用できます。抽出されたJSON値を適切なSQL型にキャストして計算を実行することができます。
  • 抽出されたJSON値はリレーショナル比較演算(>、<、または=など)に使用できます。抽出されたJSON値を適切なSQL型にキャストして比較を実行することができます。
  • JSON型列は以下を行なうことはできません。
    • キュー テーブルの中での出現
    • 結合への参加。ただし、JSON列の一部を結合でき、JSON列はSELECTリストにすることができる