列の割り当て

Teradata® Database JSONデータ型

brand
Software
prodname
Teradata Database
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1150-162K-JPN

次に、列の割り当て変数について説明します。

"columns" :
必須のリテラル入力。
"table_column_name'"
table_nameによって参照されるテーブル内の列の名前。JSON_SHRED_BATCHを呼び出すユーザーには、この既存のテーブルにおける必須の権限(INSERT、UPDATEなど)が必要です。table_nameは完全修飾テーブル名でなければなりません。これは、JSON_SHRED_BATCHのテーブル式で指定されます。
"temp_column_name"
"colexpr"または"queryexpr"で定義されているtemp_column_name。一時列の名前は固有である必要があり、固有でないとエラーが報告されます。注意: 一時列の名前では文字の大小が区別されないので、col1とCOL1は固有ではなく、エラーの原因になります。
"temp_expr"
Teradata SQL式。
numeric_constant
任意のJSON対応数値。
["string_constant"]
任意のJSONサポート文字列値。
ストリング定数の例: "company" : ["Teradata"]
boolean_constant
trueまたはfalse
trueおよびfalseはJSONのキーワードで小文字にする必要があります。
null
JSONはnullです。
nullはJSONキーワードで小文字にする必要があります。