BSONストレージ形式

Teradata® Database JSONデータ型

brand
Software
prodname
Teradata Database
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1150-162K-JPN

BSONは、JSONデータのバイナリ ストレージ形式です。BSONの仕様については、http://bsonspec.org/を参照してください。BSONは、JSONテキスト データの全体的な構造を保持しますが、データ型、可変長、および入れ子情報はエンコードされます。ストレージに関しては、軽量に設計されているので、テキスト ベースのJSONと比較してオーバーヘッドがほとんど追加されません。トラバースが簡単で、BSONからの変換やBSONへの変換に必要な時間が短縮されます。

JSONの標準的なデータ型は次のとおりです。
  • オブジェクト
  • 配列
  • 文字列
  • 数値
  • NULL
  • ブール値
BSONには、以下を含むその他の複数のデータ型があります。
  • バイナリ データ
  • 浮動小数点
  • 日付
  • タイムスタンプ
次の場合は、BSONストレージ形式を使用する必要があります。
  • MongoDBを使用してデータを交換する場合
  • 文書の一部の取得が挿入にかかる時間より重要な場合
  • 格納の小型化が取得速度ほど重要でない場合

BSONは、UTF-8文字セットに文字列をエンコードします。BSONデータの文字セットをテキストとしてインポートまたはエクスポートする場合は、UNICODEが使用されます。

数値型は、常にリトル エンディアン形式でシリアル化されます。BSON形式でデータベースにデータをインポートしたり、データベースからデータをエクスポートする場合(コンストラクタ/インスタンス メソッドまたはキャスト式を使用)は、この形式にすることが想定されます。