JSONエンティティ参照と他のデータベース オブジェクトへの参照の間の曖昧性

Teradata® Database JSONデータ型

brand
Software
prodname
Teradata Database
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1150-162K-JPN

JSONエンティティ参照、Teradata ARRAY型構成要素の参照、および完全修飾または部分修飾の列参照の構文は類似しています。これにより、次のような場合に曖昧さが生じる可能性があります。

  1. Teradata ARRAY型構成要素の参照とJSON型配列の参照の間の曖昧性
  2. 完全修飾または部分修飾の列参照とJSON型ドット表記の参照の間の曖昧性
曖昧性がある場合、構文のデフォルトの解釈は次のとおりです。
  • ケース1の場合: 構文は、Teradata ARRAY型構成要素の参照として解釈されます。
  • ケース2の場合: 構文は、完全修飾または部分修飾の列参照として解釈されます。

これらの潜在的な曖昧性の処理については、次の節でさらに詳しく説明します。

JSONエンティティ参照が曖昧にならないようにするには、参照されるJSON列を完全修飾する必要があります。または、JSONExtractメソッド、JSONExtractValueメソッド、またはJSONExtractLargeValueメソッドを使用して、JSONインスタンスのエンティティを取得します。