文字セットの処理

Teradata® Database JSONデータ型

prodname
Teradata Database
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1150-162K-JPN

JSONデータ型は、すべての利用可能なセッション文字セットを受け入れます。データは、データが使用されているJSON型インスタンスの定義に応じて、UNICODEまたはLATIN文字セットに変換されます。このため、使用するどの文字もUNICODEまたはLATINに変換可能である必要があります。

変換が必要などの文字セットも、UNICODEまたはLATIN文字セットのサイズの制限を受けます。何らかの文字セットのデータが正しいサイズで表示されていても、2つの文字セットのいずれかに変換された場合にそのデータが大きすぎると、サイズのエラーが発生します。

JSONインスタンスから変換されたデータを特定のセッション文字セットにする必要がある場合は、データベースは、すべての文字がその文字セットに変換できるという前提で、その変換を実行します。