ARRAY_TO_JSONの例の設定 - Teradata Database - 16.20

Teradata® Database JSONデータ型

prodname
Teradata Database
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1150-162K-JPN

後の例で使用するテーブルを作成して、データを取り込みます。

ユーザーは、CREATE TYPEへの権限を持つ必要があります。例えば、<userID> WITH GRANT OPTIONに対するsysudtlib上のGRANT UDTTYPE権限です。
CREATE TYPE intarr5 AS INTEGER ARRAY[5];
CREATE TYPE intarr33 AS INTEGER ARRAY[3][3];
CREATE TYPE varchararr5 AS VARCHAR(50) ARRAY[5];

CREATE TABLE arrayTable (id INTEGER, a intarr5, b intarr33);
INSERT INTO arrayTable(1, new intarr5(1,2,3,4,5), 
                       new intarr33(1,2,3,4,5,6,7,8,9));
arrayTableの内容を表示するには、次を実行します。SELECT * FROM arrayTable;
id	 a              b
-------------------------------------------                
1 	(1,2,3,4,5)	(1,2,3,4,5,6,7,8,9)