断片化された文

Teradata® Database JSONデータ型

brand
Software
prodname
Teradata Database
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1150-162K-JPN

断片化された文の構成要素は、input queryから得られるJSONインスタンスを、データがユーザー テーブルに読み込まれる場所にマッピングすることを定義します。

断片化された文がNULLの場合、エラーが報告されます。

断片化された文のキーワードはすべて小文字で指定する必要があります。

以下のセクションでは、断片化された文の構造と構文について解説します。複数の断片化された文を実行できますが、パフォーマンスへの影響があります。