JSONのメソッド、関数、外部ストアド プロシージャ、およびテーブル演算子

Teradata® Database JSONデータ型

brand
Software
prodname
Teradata Database
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1150-162K-JPN

次のメソッド、関数、プロシージャ、および演算子を使用すると、JSON型に一般的な操作を実行してJSONデータにアクセスしたり、JSONデータを操作できます。

メソッド

AsBSON
指定したJSONインスタンスのBSON表現を返します。
AsJSONText
指定したJSONインスタンスのテキスト表現を返します。
Combine
2つのJSON文書を受け取り、それらを配列として構成されるJSON文書またはオブジェクトとして構成されるJSON文書にまとめます。
ExistValue
JSONPath構文で名前またはパスを指定し、その名前またはパスがJSON文書に存在するかどうかを特定できます。
JSONExtract
JSONインスタンスからデータを抽出します。必要なデータは、JSONPath式で指定します。結果は見つかった値で構成されるJSON配列で、一致がない場合はNULLになります。
JSONExtractValue
JSONPath構文を使用して指定したJSONインスタンスのエンティティ値のテキスト表現を取得できます。
JSONExtractValueは、単一のスカラー値またはJSON nullを抽出します。返される値は、デフォルトの長さである4KのVARCHARですが、DBS制御のJSON_AttributeSizeフィールドを使用して最大32,000文字(バイトではない)に増やすことができます。
JSONExtractLargeValue
戻り値のサイズと型以外は、JSONExtractValueと同じ機能です。このメソッドは、LOBベースのJSONオブジェクトの場合、CHARACTER SET LATINに対しては16,776,192文字、CHARACTER SET UNICODEに対しては8,388,096文字のCLOBを返します。
KeyCount
JSON文書のキーの数を返します。
Metadata
オブジェクト、配列、文字列、または数値の値の数など、JSON文書に関するメタデータを返します。
StorageSize
指定したストレージ形式でJSON入力データを格納するために必要なバイト数を返します。

関数

ARRAY_TO_JSON
Teradata ARRAY型を配列でJSON型に変換できます。
BSON_CHECK
有効なBSON構文の文字列をチェックし、文字列が無効な場合は、構文の失敗の原因を説明するエラー メッセージを表示します。
DataSize
JSONインスタンスのデータ長(バイト)を返します。
GeoJSONFromGeom
ST_Geometryオブジェクトを、GeoJSON標準に準拠しているJSON文書に変換します。
GeomFromGeoJSON
GeoJSON標準に準拠するJSON文書をST_Geometryオブジェクトに変換します。
JSON_AGG
この集約関数は、可変個の入力パラメータを受け取り、それらをJSON文書にパッケージ化します。
JSON_COMPOSE
このスカラー関数は、可変個の入力パラメータを受け取り、それらをJSON文書にパッケージ化します。この関数は、JSON_AGG関数と同時に使用することにより、JSON文書の複雑な構成を提供します。
JSON_CHECK
有効なJSON構文に対して文字列をチェックし、文字列が無効な場合は、構文の失敗の原因を説明するエラー メッセージを表示します。
JSONGETVALUE
JSONオブジェクトの値を特定の型で抽出します。
JSONMETADATA
一連のJSON文書に関するメタデータを返す集約関数。
NVP2JSON
名前と値のペアの文字列をJSONオブジェクトに変換します。

テーブル演算子

JSON_KEYS
CHAR型またはVARCHAR型の入力からJSONインスタンスを解析し、キー名のリストを返します。
JSON_PUBLISH
JSONデータ型インスタンス(複数可)をさまざまなデータ ソースから作成します。それらはSQL文で参照できるインスタンスに該当します。インスタンスは任意のストレージ形式のJSONデータ型を発行できます。
JSON_TABLE
JSONオブジェクトのすべてのデータまたはその部分集合に基づいて一時的なテーブルを作成します。

SQLストアド プロシージャ

JSON_SHRED_BATCH
JSON_SHRED_BATCH_U
JSON文書から値を抽出し、抽出されたデータを使用して、既存のリレーショナル テーブルに値を取り込むことができます。これにより、JSON形式からリレーショナル モデルにデータを柔軟な形式でロードできます。