JSON_SHRED_BATCHとJSON_SHRED_BATCH_U - Teradata Database - 16.20

Teradata® Database JSONデータ型

prodname
Teradata Database
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1150-162K-JPN

目的

JSON_SHRED_BATCHとJSON_SHRED_BATCH_UはSQLストアド プロシージャで、任意の数のJSONインスタンスを使用して既存のテーブルに入力し、JSON形式からリレーショナル モデルに柔軟な形でデータをロードすることを可能にします。2つのシュレッド プロシージャがありますが、それらの唯一の相違はデータの文字セットです。機能の説明ではJSON_SHRED_BATCHだけを解説しますが(LATIN文字セットのデータを実行するバージョン)、その解説はJSON_SHRED_BATCH_U(UNICODEバージョン)についても同様に適用できます。

機能の説明

バッチ シュレッディングの手順は、JSON_TABLEへの連続的な複数回の呼び出しにマッピングされ、複合的な一時テーブルを作成します。その値は既存のテーブルに割り当てることができます。

構文