列式

Teradata® Database JSONデータ型

brand
Software
prodname
Teradata Database
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1150-162K-JPN

次に、列式で使用される変数について説明します。

"colexpr":
必須のリテラル入力。
小文字でなければなりません。
temp_column_name
一時列の任意のユーザー定義による名前。一時列名は固有である必要があり、固有でないとエラーが報告されます。
名前は大文字と小文字が区別されません。 例えば、col1とCOL1は、内部問合わせで使用され、固有ではないので失敗します。
ここでは、JSONIDとROWINDEX(大文字または小文字)は使用できません。
JSONPath expr
JSONオブジェクトの特定の部分についての情報を要求するJSONPath構文のJSONPath式。 例えば、$.name。
"type":
必須のリテラル入力。
小文字でなければなりません。
data_type
非LOBのTeradata事前定義型、INTEGERまたはVARCHARなど。サポートされる型のリストについては、サポートされるデータ型を参照してください。
"fromRoot" : true
オプション。 非相対パスにfromRoot属性を使用する必要があります。 それぞれの列式は、相対的でないという指定がない限り、行式("rowexpr":"JSONPATH式")に対して相対的であると想定します。 相対式は、行式の子のいずれかの名前で始まるのに対して、非相対式はJSONPathでのroot、$で始まります。
trueはリテラルで必ず小文字で表記します。
誤ったエラーの発生によりfromRootを設定しようとしました。

ユーザーには、列式の構成要素を許容されるデータ型にマッピングする責任があります。明示的なキャストは必要なく、データは目的のデータ型に暗黙的にキャストされます。ただしデータが目的のデータ型に正しくキャストされないとエラーが報告されるので、列式の構成要素とデータ型を確認するときは注意が必要です。式の結果が(単一の値でなく)配列またはオブジェクトの場合は、最適な長さのCHARまたはVARCHARが唯一の許容されるデータ型になります。

JSON_TABLEの出力テーブルに含まれる一時列のデータ型を指定する必要があります。これは、列式のJSON_SHRED_BATCHとJSON_SHRED_BATCH _Uによって強制的に指定されます。ユーザーは、データが正しく解釈されターゲット テーブルで使用されるように、この情報を提供する必要があります。