JSONデータのルール

Teradata® Database JSONデータ型

brand
Software
prodname
Teradata Database
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1150-162K-JPN
  • JSONでは、'\u' 文字列をエスケープ順序として使用することで、Unicode文字を16進数の形式で埋め込むことができます。これはJSON型の内部で使用できますが、'\u'16進Unicode文字は解釈されず、単にそのまま格納されるだけです。
  • JSONオブジェクトまたは配列のroot外部の空白は、JSON型のすべてのインスタンスで除去されます。JSONオブジェクトまたは配列のroot内部のスペース文字は、有意義と見なされ除去されません。
  • JSONインスタンスの入れ子には上限が課されます。この制限はDBSコントロール フィールドJSON_MaxDepthを使用して最大32,000まで設定できます。 デフォルトは512です。
    入れ子のオブジェクトまたは配列はこの制限に不利に働きます。JSON_MaxDepthフィールドの詳細については、<ユーティリティ、B035-1102>の「DBSコントロール」を参照してください。
  • 科学表記法を使用して指数数値を指定できます。有効な数値の範囲は-1e308~1e308の間です(両端の数値を含まず)。指数には-308~308の間の値(両端の数値を含まず)を含めることができます。有効範囲外の値が指定された数値または指数は、明示的に特記される場合も仮数部の値に基づきその範囲外にあると理解される場合も、エラーになります。