1.8 - 視覚化を持つSQLスクリプトを作成する(ビデオ付き) - Teradata AppCenter

Teradata® AppCenter ユーザー ガイド

prodname
Teradata AppCenter
vrm_release
1.8
created_date
2019年5月
category
ユーザー ガイド
featnum
B035-1111-039K-JPN

サンキー図で関係データを視覚化するスクリプトをユーザーまたは管理者が作成する方法について全体的な手順を示した例をご覧ください。

ビデオは、Windowsシステム上のChromeで実行されているAppCenterに基づいています。

スクリプトの作成について詳しくは、スクリプトの作成を参照してください。

ビデオに含まれる手順は次のとおりです。

  1. 開発作業環境で、SQLスクリプトに名前を付けて作成します。
  2. スクリプト アイコンの色と画像を変更します。
  3. SQLスクリプト コードを含むファイルをアップロードします。
  4. スクリプト ユーザー オプションを構成します。オプションには、デフォルトのシステムの選択と、視覚化の追加があります。デフォルトのシステムは後で変更できます。
  5. スクリプトを記述し、フィルタリング タグを追加して見つけやすくします。
  6. スクリプトのアクセス権を設定します。アクセス権では、スクリプトにアクセスして管理できるユーザーを選択できます。管理には、スクリプトを変更したり他のユーザーを追加したりする機能が含まれます。
  7. 開発環境からスクリプトを実行します。デフォルトのシステムをそのまま使用するか、別のシステムを選択することができます。スクリプトをいつ実行するか(1回またはスケジュールどおり)をスケジュールし、ジョブ(クエリー結果)に名前を付けて説明を追加します。
  8. ジョブ結果を表示します。この時点で結果ラベルを変更できます。
  9. サンプル ビデオのサンキー図など、視覚化の詳細を確認します。
  10. ジョブの結果を共有する場合は、どのユーザーに表示するかを指定します。