1.8 - スクリプトへのサービス アカウントの割り当てと割り当て解除 - Teradata AppCenter

Teradata® AppCenter ユーザー ガイド

prodname
Teradata AppCenter
vrm_release
1.8
created_date
2019年5月
category
ユーザー ガイド
featnum
B035-1111-039K-JPN
"" 管理者

サービス アカウントは、ユーザーがスクリプトを実行するたびに資格情報を入力する必要がないように、ジョブの実行に必要なシステム資格情報を保持しています。rootユーザーはサービス アカウントを作成し、管理者をそれらに割り当てます。管理者はサービス アカウントをスクリプトに割り当てることができます。サービス アカウントはスクリプトごとに1つのみ割り当て可能です。

スクリプトにサービス アカウントが割り当てられていない場合は、スクリプトの横に""が表示されます。スクリプトにサービス アカウントが割り当てられている場合は、スクリプトの横に""が表示されます。

  1. 割り当てるシステムのサービス アカウントがrootユーザーによって作成されており、自分がサービス アカウントへのアクセス権を付与していることを確認します。
  2. "" > 開発を選択します。
  3. ""を選択し、サービス アカウントを選択して、割り当てを選択します。