16.20 - 地理空間データの表示 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ 地理空間データ型

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1181-162K-JPN

次に示す視覚化ツールを使用すると、Teradata DatabaseのST_Geometryタイプで格納された地理空間データを表示できます。

視覚化ツール 説明
MapServer MapServerは、ミネソタ大学で開発された、オープン ソースのマルチプラットフォームWebマッピング開発環境です。MapServerでは、スクリプト ファイルとフォーム変数を使用してページ出力を構成します。MapServerを使用すると、Teradata DatabaseのST_Geometryタイプで格納された地理空間データを、Windows上で実行しているWebサーバーから表示できます。MapServerとTeradataとのインターフェースには、MSTDPlugin.dllというプラグインDLLを使用します。

MapServerのプラグインは、http://community.teradata.com/t5/Developer-Zone/ct-p/DevExから入手できます。

ポリゴンや、緯度と経度で表わされないデータには、MapServerを使用してください。

Google Maps Google Maps/Google Earth APIを使用するには、ライセンスが必要です。詳細については、Google Maps/Google Earth APIs Terms of Serviceを参照してください。Google Maps APIを使用すると、自分のWebページにJavaScriptでGoogle Mapsを埋め込むことができます。

座標系が緯度と経度の点データや折れ線データには、Google Mapsを使用してください。