16.20 - 構文 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ 地理空間データ型

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1181-162K-JPN


in_key
結果行に返されるキー。適切なオブジェクトに結合し直すことができます。

in_keyのデータ型はDECIMAL(18,0)またはVARCHAR(32)です。結果行のout_key列のデータ型は、渡した引数のデータ型によって決まります。

o_xmin, o_ymin, o_xmax, o_ymax
オブジェクト矩形の座標。

o_xmino_ymino_xmaxおよびo_ymaxのデータ型はFLOATです。

u_xmin, u_ymin, u_xmax, u_ymax
注目する母領域の座標。

u_xminu_yminu_xmaxおよびu_ymaxのデータ型はFLOATです。

g_nx, g_ny
母領域をXおよびY軸に分割するグリッド セルの数。グリッド セルの最大数は228です。

g_nxg_nyのデータ型はINTEGERです。

g_nxまたはg_nyがゼロ以下である場合はエラーが返されます。

levels
2次元グリッドでのレベル数。レベル数は必ずlevels + 1レベルあります。レベル0は、母領域全体になります。レベルが高くなるほど、粒度が細かくなります。

levelsのデータ型はINTEGERで、値の範囲は1から15です。

scale
グリッド レベル間のスケール係数。例えば、g_nx * g_nyが100x100、レベルが2、スケールが0.1だとすると、3レベルのグリッド(100x100、10x10、1x1)が得られます。

scaleのデータ型はFLOATです。

scaleの値は、0.0より大きく1.0未満の値にする必要があります。

shift
各レベルでグリッドを何回シフトするかを表わす数値。shiftの値が0の場合、このメソッドはシフトを実行しません。shiftの値が1である場合、このメソッドはレベルごとに4つのグリッドを作成し、それぞれのグリッドを固有のしかたでシフトします。

グリッドのシフトは、大きなセルがグリッド セル境界を横断する場合に、小さな空間オブジェクトを割り当てないようにするために役立ちます。

shiftのデータ型はINTEGERです。