16.20 - 変更と追加 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ 地理空間データ型

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1181-162K-JPN
日付 説明
2018年4月
  • 新しいSET TRANSFORM GROUP文は、ST_Geospatial、JSON、XMLなど、Teradataにより提供された複合データ型(CDT)の現在のセッションで使用される変換を設定します。
  • 新しいHelpCurrentUDTTRansformマクロは、Teradataにより提供されたCDTの現在のセッションで使用される変換をリストします。

ST_Geometry型変換を参照してください。

2017年11月
  • 地理空間結合述部は、地理空間列に加えて、地理空間列式をサポートできるようになりました(地理空間述部および最適化ルーチンを参照)。サポートされている結合述部には、これらの新しいフォームが含まれます。
    SELECT a, b 
    FROM Table1, Table2
    WHERE Table1.GeoCol.SupportedGeoMethod(GeoColExpression)=1
    SELECT a, b 
    FROM Table1, Table2
    WHERE GeoColExpression.SupportedGeoMethod(Table1.GeoCol)=1
    結合の少なくとも1つの側は、地理空間インデックスを持つST_Geometry列である必要があります。
  • 地理空間統計の収集は、ST_Geometry型自体に加えて、ST_Geometry型に評価される列式を含む列をサポートするようになりました。
  • 地理空間単一テーブル述部には、次のいずれかの形式で、地理空間列参照と地理空間リテラル式の両方を含めることができます。
    SELECT a, b FROM TableName
    WHERE TableName.GeoCol.ST_SupportedGeoMethod(GeospatialLiteralExpression)=1
    または
    SELECT a, b FROM TableName
    WHERE GeospatialLiteralExpression.ST_SupportedGeoMethod(TableName.GeoCol) = 1