16.20 - 地理空間メタデータ - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ 地理空間データ型

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1181-162K-JPN

SQL/MM Spatialでは、ST_Geometryタイプの列と、空間参照系についての追加情報を提供する2つのテーブル(ビュー)を定義しています。

テーブル 説明
GEOMETRY_COLUMNSテーブル ST_Geometryとして定義された各テーブル列のメタデータを提供します。

Teradataでは、このテーブルのジオメトリ メタデータを追加および削除するストアド プロシージャを提供しています。これらの手順の詳細については、AddGeometryColumnストアド プロシージャAddGeometryColumn_3Dストアド プロシージャ、およびDropGeometryColumnストアド プロシージャを参照してください。

SPATIAL_REF_SYSテーブル 各空間参照系についての情報を格納します。

インストール時、データベース初期化プログラム(DIP)ユーティリティにより、SPATIAL_REF_SYSテーブルを埋め込むスクリプトが実行されます。

DIPの詳細は、<Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102>を参照してください。

GEOMETRY_COLUMNSおよびSPATIAL_REF_SYSテーブルと、関連するストアド プロシージャは、SYSSPATIALデータベースで定義されています。

詳細は、地理空間メタデータ(SYSSPATIALデータベース)を参照してください。