16.20 - データ変換 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ 地理空間データ型

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1181-162K-JPN

クライアント アプリケーションはVARCHARを使って値をMBR列に挿入できます。VARCHARの形式は次のようにする必要があります。

   (xmin, ymin, xmax, ymax)

この形式では、空白を任意の場所に入れられます。

MBR列からデータを選択する問合わせの場合、Teradata Databaseは同じ形式(xmin、ymin、xmax、ymax)を使用して、MBRデータをVARCHAR(256)として返します。

次に示す、MBR列を定義するテーブルの定義について考察してみます。

   CREATE TABLE sample_MBRs (skey INTEGER, shape_mbr MBR);

shape_mbr列からデータを選択する問合わせの結果、Teradata DatabaseによりVARCHAR(256)として列データが返されます。

   SELECT *
   FROM sample_MBRs;

   SKEY          SHAPE_MBR
   --------      -------------
   1001          (10, 3, 22, 7)