16.20 - 最小外接の型 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ 地理空間データ型

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1181-162K-JPN

地理空間データを操作する場合、指定した2Dまたは3Dシェープを含む最小の四角形またはボックス シェープを見つけると便利です。Teradata Databaseには、これらの「最小外接」シェープを特定できるメソッドおよびタイプが含まれます。

ST_GeometryのST_MBR()メソッドとMBB()メソッドはそれぞれ、これらの最小外接矩形およびボックス シェープを定義するMBRとMBBの型を返します。これらは、SQL/MM Spatial標準に対するTeradata拡張です。

例: 幾何学的図形の最小外接ボックスの検出

次のテーブル定義について考察してみます。

CREATE TABLE sample_MBRs (skey INTEGER, shape_mbr MBR);

次のSQLは、ST_GeometryオブジェクトのST_MBRメソッドを使用してsample_shapesテーブルのshape列の各ジオメトリのMBRを取得します。

INSERT INTO sample_MBRs
SELECT skey, shape.ST_MBR()
FROM sample_shapes;