16.20 - 使用上の注意 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ 地理空間データ型

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1181-162K-JPN

Teradata Databaseは、変換中に値を丸めるのではなく、MGRSの切り捨て規則に従います。切捨ての実際の影響は、点が南西(各矩形の最も低い点)に移動することです。

MGRS座標は、グリッド システムMGRS-OldまたはMGRS-Newの中で行の識別子を表わすために、2つのレタリング スキーマのうち1つを必要とします。 MGRSへの、およびMGRSからの変換中に、返された座標中の(TO_MGRS関数の場合)、または(FROM_MGRS関数への)入力として期待されるMGRSレタリング スキーマは、座標の変換元または変換先の空間参照系に依存します。 空間参照系がベッセル、クラーク(1866)、またはクラーク(1880)参照楕円体に基づく場合は、MGRS座標はMGRS-Oldレタリング スキーマを使用します。 他のすべての空間参照系への、または空間参照系からの変換には、MGRS-Newスキーマを使用します。