16.20 - SYSLIB.SparseMapAMPs - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL演算子およびユーザー定義関数

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
管理
featnum
B035-1210-162K-JPN

目的

SYSLIB.SparseMapAMPsはテーブル関数で、テーブル、結合インデックス、またはハッシュ インデックスに定義されたスパース マップを持つAMPを返します。

ビューDBC.SparseMapAMPsVは、テーブル関数SYSLIB.SparseMapAMPsを使用する代わりの方法です。基礎となるシステム ビューDBC.ObjectsInSparseMapsVは、このテーブル関数のすべての引数を準備します。ビューDBC.SparseMapAMPsVとDBC.ObjectsInSparseMapsVの詳細については、Teradata Vantage™データ ディクショナリ、B035-1092を参照してください。

構文規則



SYSLIB.
関数が格納されているデータベースの名前。
'DatabaseName'
オブジェクトが定義されているデータベース。
'ObjectName'
'DatabaseName'で定義されているテーブル、結合インデックス、またはハッシュ インデックスの名前。 NULLにすることはできません。
'ObjectKind'
スパース マップで定義されている、テーブル、結合インデックス、ハッシュ インデックスなどのオブジェクトの種類。
'MapSlot'
スパース マップのMapスロット。
Mapスロットを含むマップが、存在しないかスパース マップではない場合は、エラーが返されます。
'NumberOfPrimaryAMPs'
スパース マップで定義されるプライマリAMPの数。
'ColocationName'
テーブルのコロケーション名の文字列。