16.20 - 例: 1つの入力行列、複数のSQL文 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL演算子およびユーザー定義関数

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
管理
featnum
B035-1210-162K-JPN

次の例では、テーブルTに「例: 1つの入力行列、単一のSQL文」のテーブルTと同じ気象データがあります。ただし、今回の目的は共分散行列と相関行列の両方を生成することです。10億行もの生データを2回受け渡すことを防ぐため、LOCALフェーズを使用してCALCMATRIXの結果を中間テーブルに挿入します。次に、COMBINEフェーズを使用してCALCMATRIXを2回実行します。ただし、操作対象は、行数が3 * (システム内のAMPの数)行のみの中間テーブルです。

CREATE TABLE T_INTERMEDIATE as (
   select 1 as p, X.* from CALCMATRIX( ON (select temperature,       air_pressure, rainfall from T) USING PHASE('LOCAL') )X
   ) WITH DATA;
select * from CALCMATRIX ( ON T_INTERMEDIATE
   HASH BY p
   USING PHASE('COMBINE') CALCTYPE('COV')
   )Y;
select * from CALCMATRIX( ON T_INTERMEDIATE
   HASH BY p
   USING PHASE('COMBINE') CALCTYPE('COR')
   )Y;