16.20 - 概要 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL演算子およびユーザー定義関数

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
管理
featnum
B035-1210-162K-JPN

テーブル演算子は、入力としてテーブルまたはテーブル式を受け入れ、出力としてテーブルを生成します。これらはユーザー定義関数(UDF)の一種です。テーブル演算子は、SELECT文のFROM句でのみ使用します。

テーブル演算子は、簡易版のin-database MapReduce型プログラミング モデルを可能にします。

スカラー サブクエリー(SSQ)は、結果が単一値となるサブクエリーです。SSQは、複数のON句、またはPARTITION BYまたはHASH BYを使用したON句を含むテーブル演算子ではサポートされていません。

テーブル演算子を、各種の接続オプションをともなうハードウェアのような特定のAMPセットで実行して、データベースにアクセスできます。連続マップを作成してノードまたは接続オプションを含めることで、データベースまたは各種のパフォーマンス特性にアクセスします。次にCREATE/REPLACE FUNCTIONまたはCREATE FOREIGN SERVER文を実行して、新しい連続マップまたはスパース マップを参照します。