16.20 - CreateExpansionMaps - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL演算子およびユーザー定義関数

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
管理
featnum
B035-1210-162K-JPN

目的

システム拡張の前にマップの移動をモデル化するには、このプロシージャを実行します。このプロシージャは、3つの計画されたマップを作成し、それらをTDMapsに挿入して、接頭辞PreExpansionMapを付けた一時的な名前を付けます。システムの拡張後、PostExpansionActionプロシージャを実行して、これらのマップの名前を実際に追加された連続したスパース マップに変更します。PostExpansionActionを参照してください。

構文



入力パラメータ:

TD_Maps
プロシージャが格納されているデータベースの名前。
'numOfNodes'
拡張されたシステム上のノードの数。
許可されているデータ型はSMALLINT型です。
'numOfAMPs'
拡張されたシステム上のAMPの数。
許可されているデータ型はSMALLINT型です。

出力パラメータ:

:ContiguousMapString
拡張前の連続したマップの名前。
許可されているデータ型はVARCHAR型です。
:OneAmpSparseMapString
拡張前の1-AMPスパース マップの名前。
許可されているデータ型はVARCHAR型です。
:TotalNodesSparseMapString
拡張前のn-AMPスパース マップの名前(nはシステム内のノードの数)。
許可されているデータ型はVARCHAR型です。

ANSI準拠

これは、ANSI SQL:2011規格に対するTeradata拡張機能です。

使用上の注意

  • numOfNodesまたはnumOfAMPsがNULLの場合はエラー メッセージが返されます。
  • 拡張の計画中には、必要な回数だけこのプロシージャを使用します。Moverプロシージャーが実行されるまで、データベースは変更されません。