16.20 - スクリプトの実行 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL演算子およびユーザー定義関数

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
管理
featnum
B035-1210-162K-JPN

SCRIPTテーブル演算子はデフォルトでAMPごとに一度実行されます。PARTITION BY句が入力データで使用されている場合、SCRIPTはパーティションごとに一度実行されます。

‘エクスポートPATH;’は、SCRIPTテーブル演算子を使用して実行するものの先頭に付加されます。bashプロセスが子を生成すると、子はその環境の一部としてパスを持ちます。

テーブル演算子はデフォルトでtdatuserの下でスクリプトを実行するため、PATHはtdatuserのPATH環境変数を参照します。AUTH機能を使用すると、SCRIPTテーブル演算子の下で実行するオペレーティング システム ユーザーを制御できます。一般に、SCRIPTテーブル演算子のAUTH句で指定されたオペレーティング システムのユーザーは、すでにPATH環境変数をエクスポートしています。

例:PATH変数を設定せずに読み込む

SELECT * from SCRIPT(script_command('echo $PATH;') returns ('PATH varchar(512)'));
 
PATH
---------------------------------------------------------------------------
/usr/local/bin:/bin:/usr/bin:/usr/X11R6/bin:.
/usr/local/bin:/bin:/usr/bin:/usr/X11R6/bin:.
/usr/local/bin:/bin:/usr/bin:/usr/X11R6/bin:.
/usr/local/bin:/bin:/usr/bin:/usr/X11R6/bin:.