16.20 - 例:スパース マップを持つテーブルのAMPを識別する - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL演算子およびユーザー定義関数

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
管理
featnum
B035-1210-162K-JPN

スパース マップ内の特定のテーブルのAMPを識別するために関数SYSLIB.SparseTableAMPsを使用します。

SELECT SYSLIB.SparseTableAMPs('db1','tab1') AS AMPList;

AMPList
-------------------------------------------   
      1    202    543  32454

関数の結果をカンマ区切り形式に変換するには、次のクエリーを使用します。

SELECT REGEXP_REPLACE(TRIM(LEADING FROM
         SYSLIB.SparseTableAMPs('db1','tab1')), ' +', ',') AS AMPList;

AMPList
-------------------------------------------
1,202,543,32454