16.20 - UDT式 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL演算子およびユーザー定義関数

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
管理
featnum
B035-1210-162K-JPN

目的

DISTINCT型またはSTRUCTURED型のUDTデータ型を戻します。

構文



database_name
column_nameのオプションの修飾子。
table_name
column_nameのオプションの修飾子。
column_name

DISTINCT型またはSTRUCTURED型のUDT列の名前。

コンストラクタ メソッドには、関連付けられたUDTと同じ名前が付きます。

column_nameの修飾子。

udf_name

DISTINCT型またはSTRUCTURED型のUDTデータ型の名前。

コンストラクタ メソッドには、関連付けられたUDTと同じ名前が付きます。

argument

UDFへの引数。

コンストラクタに渡す引数。

メソッドに渡す引数。

引数リストが空であっても、括弧が付いていなければなりません。

CAST

ソース データの型をDISTINCT型またはSTRUCTURED型UDTに変換するCAST式。

UDTの関与するデータ型の変換には、そのUDTに適したCAST定義が必要です。UDTのCASTを定義するには、CREATE CAST文を使用します。CREATE CASTの詳細は、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 - 構文規則および例、B035-1144>を参照してください。

expression
UDTデータ型となる式。
udt_name

DISTINCT型またはSTRUCTURED型のUDTデータ型の名前。

コンストラクタ メソッドには、関連付けられたUDTと同じ名前が付きます。

NEW
STRUCTURED型の新しいインスタンスを生成し、指定されたコンストラクタ メソッドを使ってそれを初期化する式。
SYSUDTLIB.

コンストラクタが存在するデータベース。

Teradata Databaseは、データベース名が式内にあってもなくても、UDTコンストラクタをSYSUDTLIBデータベースだけで探します。

constructor_name

UDTに付随するコンストラクタ メソッドの名前。

コンストラクタ メソッドには、関連付けられたUDTと同じ名前が付きます。

method_name
UDTを戻すインスタンス メソッドの名前。